プロフィール

さとゴマ

Author:さとゴマ
奥さんや優花と
楽しい毎日を過ごしながら
優秀な親馬鹿目指してます。

*優花*
平成18年8月11日生
我が家の宝物。
寝たり飲んだり、唸ったりと
大忙しの毎日です。

最近の記事
ただいま成長中

*script by KT*
最近のコメント
HANSHIN Tigers

大阪税理士が送る阪神
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

八景島シーパラダイス ~ 横浜旅行記 ~

P1050204.jpg

さて、横浜旅行も最終日。
八景島シーパラダイスに行ってきました。

今回は遊園地ではなく、水族館が目当て。
アクアミュージアム、ドルフィンファンタジー、ふれあいラグーンと
3つも水族館があるんですね。
P1050208.jpg
まずはアクアミュージアムへ。
行った時間が良かったので、ラッコ、シロクマ、ペンギンの食事風景を見れました。
ラッコとシロクマはのんびりと、ペンギンは素早くご飯を食べる姿に
優花も少々驚いた様子で、ジッと見てました。

ミュージアムの目玉は大きな展示水槽ですね。
P1050211.jpg
圧巻なのが5万匹のイワシの群れ。集団で泳ぐ姿を見ると
とても小さい魚が泳いでいるようには見えません。
水槽内にはイワシを中心に、30種6万匹が泳いでいるそうです。
スーパーイワシイリュージョンなるショーもあるのですが
タイミングが悪く見れませんでした。次こそは・・・。

水槽内を通る「アクアチューブ」も、海中散歩気分が楽しめます。

P1050243.jpg
「今からイルカやアシカのショーを見ますよ。」

水族館の定番のショーもあります。

P1050234.jpg
クジラやイルカのダイナミックなショーや、アシカの輪投げ、セイウチや
シロイルカなど、たくさんの動物が出演します。
笑ったり驚いたり、最後まで楽しめるショーでした。

P1050247.jpg
次は「ふれあいラグーン」。
ここの「サカナリーフ」では、ヒトデやナマコ、アメフラシやサメなどを
触ることが出来ます。
普段触ることが出来ない海の動物に触れる、貴重な経験が出来るスペースです。
優花は怖がって触れませんでしたが、僕はナマコとアメフラシにタッチ。
スペース内は子供で溢れてましたが、大人でも楽しめますよ。

ホエールオーシャンでは、シロイルカ、ゴンドウクジラ、バンドウイルカが
悠々と泳いでいます。
水槽のガラスの高さが低いので、プールに直接手を入れることもできるので、
シロイルカに触ることも。
P1050249.jpg
目の前を気持ち良さそうに泳いでました。
優花もタッチ。「すっごくプニュプニュ~!」だそうです。

P1050262.jpg
「アザラシさんが飛んでる~!」

ヒレアシビーチではアクリル越しにゴマフアザラシと対面。
目の前をスイスイ泳いでいる姿を見て、優花も興奮気味です。

P1050261.jpg
「うわぁ!大きい~!」

最後はドルフィンファンタジー。
シロイルカ水槽とアーチ上のバンドウイルカ水槽があります。

P1050276.jpg
バンドウイルカが気持ち良さそうに頭上を泳いでます。

P1050272.jpg
シロイルカは僕らが気になるのか、ずっと水槽に張り付いてました。
しかし、可愛い・・・。

外にあるフィーディングプールでは、オタリアに食事をあげられます。

P10502781.jpg
「いっぱい食べてね~」

P1050280.jpg
「はよ食べさせろや」

お腹空いてるんでしょうね。2匹で奪い合いでした。

P1050274.jpg
「帰るのイヤだ!」
楽しかったシーパラダイスもお終いです。
帰るのを嫌がる優花を説得して、新幹線へ。
でも、お弁当を食べると再びご機嫌になってましたが。

P1050286.jpg

初めてのシーパラダイスは、今まで行ったどの水族館よりも楽しかった。
また何年後かに遊びに来たいです。

P1050291.jpg
「絶対また連れて来てね・・・zzz」
スポンサーサイト

2010.04.04(Sun) | 未分類 | cm(0) |

この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。